5,000人制限のディズニーランド体験記【人気のアトラクション乗り放題!?】

千葉県が緊急事態宣言下となり、2021年5月31日まで入場者が5,000人制限になりました。

6月1日以降もおそらくチケットは予約販売のみの人数制限となるでしょう。

僕も元々行く予定だった日にちが運悪く人数制限となりましたが、なんとか運良くチケットを購入することができ、5,000人制限というとてもレアなディズニーランドを経験することができました

人が密集しているような状況はほとんどなく、パレードも見やすく乗り物もほぼ乗り放題状態で、今後社会が元通りになったら二度と経験できないだろう快適さでした。

人でごった返しになっているランド&シーもお祭り感があって楽しいんですけどね。

しかしながらキャストさんの人数も絞っているのか開いていないお店も多くあり、メリットばかりではなかったです

今後なかなか体験できることではないと思うので、ここにまとめたいと思います。

ディズニーに行きたいけどコロナがまだまだ不安な方も多くいらっしゃるかと思いますので、そのような方々の不安を少しでも軽減できればいいなとも思います。

人数制限下のメリット

とにかく人が少ない!でも寂しくはない程度の人数

5,000人、さぞかし少ないんだろうな〜と楽観していたのですが、10時の開園前にはしっかりと行列ができていました。

ぱいそん
ぱいそん

意外と多いね!?

というのがはじめの印象でした。感染症対策もあり間隔を空けて並んでいたので、パッと見多くは見えました。

体温測定と持ち物チェックもバッチリと済ませ、いざ入園すると「おや・・・歩きやすいぞ!」と感じました。

中に入ると人が散らばるので、コロナ前のディズニーとは比較にならないくらい人が少なくて快適でした。とにかく歩きやすい!

コロナ前だと、

  • 目当てのアトラクションにダッシュする人
  • まずはファストパスをキープする人
  • 入場してすぐ写真を撮りまくる人
  • 走り回る子供たち
  • お迎えするキャラクターに群がる人
  • キャストの方と楽しそうにお話しする人

のような人々で、大体入り口付近から中央のシンデレラ城前広場までごった返すので、とにかく前に進むことが優先事項でした笑

今となってはあの感じも「ディズニーランドにきたぞ!」って感じで楽しかったんですけどね。

それで、入り口付近も多少は立ち止まっている人はいるものの、避けて歩く必要がないくらい空いていました。入ってすぐ売られている風船の数の方が多く感じるくらい笑

ただ寂しく感じるかというとそうでもなくて、お店の前で等間隔に並んだキャストさんたちが一生懸命手を振って迎えてくれていたので、いつものランドに来たかのように感じました。

でも道は広く使えて子供が多少走り回っても大丈夫だし、ちょっと疲れて休もうと思えばベンチはどこでも空いていたので、普段のランドだったらありえない状況ではありましたね。

また、お昼時のお店は座れないくらいどこも人でいっぱいなのが以前のディズニーランドですが、今回はお店はどこも空いていて、時間や場所を選ばずとも選び放題という感じでした。

昼食どこでいつ食べるかは結構大きな課題だったので、この点は人が少ない上でのメリットの一つかなと思います。

人気のフォトスポットもガラガラ!写真撮り放題!

マーメイドラグーン 子ども
ベストショットはほぼ無い我が子・・・

ディズニーランド&シーといえば「写真」なんて方も多いのではないでしょうか。

自撮り派も、お気に入りのぬいぐるみで”映え”を狙う派も多数いらっしゃるかと思いますが、人気のフォトスポットは行列ができているなど、なかなかゆっくりと満足のいくまで写真を撮ることは難しいですよね。

ディズニーランドだとシンデレラ城前やトゥーンタウン、シーだとマーメイドラグーンやアラビアンコーストなんかが人気のスポットですが

そのような、普段インスタ命の方々が占領しているスポットはなんとガラガラでした。

しかも人がいないので、他の人の写り込みもほぼなく快適に写真撮影を楽しむことができました。

最近できた美女と野獣のエリアはさすがに撮影している人が他に比べると多かったですが、それでも比較的満足できる写真は撮りやすかったのではないでしょうか。

アトラクションが乗り放題!?

ディズニーランドは様々な楽しみ方があるのですが、大半の人はやはりアトラクションに乗るのがメインの楽しみですよね。

そしてアトラクションを「いかに待ち時間を少なくして次々乗りこなしていくか」が課題でもありました。

我が家でも前日から、まずどれに乗って〜次にこれに乗って〜と計画を練ってからディズニーランドに挑んでいました。

ぱいそん
ぱいそん

大概の予定が「メンテナンス中」とかで総崩れするのですが笑

5,000人という人数制限の中、待ち時間が短くなるだろうとは予想していたのですが、その予想を遥かに上回る(下回る?)待ち時間でした。

ディズニーランド

モンスターズインク5分!

プーさんのハニーハント8分!(ハチなので)

ビッグサンダーマウンテン5分!スプラッシュマウンテン5分!スペースマウンテン5分!

ディズニーシー

トイストーリーマニア5分!

タワーオブテラー5分!

センターオブジアース5分!

レイジングスピリッツ5分!

もう5分のオンパレードです。

乗り物によっては降りた瞬間並んでもすぐ出発するような状態で、延々と乗り続けている子供もいました笑

アトラクションが好きな人にとってはこれほどベストなタイミングは今後ないかもしれませんよ。

美女と野獣、ベイマックス、ソアリンも楽々

美女と野獣 城

ディズニーで人気のアトラクションはとても混雑しており、ソアリンができてすぐの時は180分待ち(3時間)以上なんか当たり前でした。

本当にすごい日だと5時間待ちとか平気であったようで、ファストパスも入場が始まって5分しない内に無くなってしまうこともよくあったそうです。

僕は年パス買えないくらいの遠方勢(北関東)なので、いくら乗りたくても貴重なディズニーでの滞在時間を待ち時間に何時間も割きたくはありません。

ソアリン、ずっと気になってはいたんですが、長蛇の列を見ては諦めていました。

ぱいそん
ぱいそん

あれほど皆並ぶなんて、どれだけ楽しいのだろう・・・

そして今回、なんと念願のソアリンのスタンバイパスをゲットすることができました!キャッホー!!!
※スタンバイパスとは、アトラクションに乗る時間を指定するチケットのことです。現在ソアリンはスタンバイパスが無いと乗ることができません。

お昼を過ぎても17時台のスタンバイパスは残っていたので、5,000人だとさすがに余裕があるようです。

スタンバイパスがあるので待ち時間は無いかなと思いきや、40分以上待ったのでその点は要注意です。内装も凝っているし進みも比較的早かったので苦痛ではなかったんですけどね。

念願のソアリンはスゴかったです・・・。高さと風とで少しヒヤッとはしましたが、夏にもちょうど良さそうな気持ちのいい乗り物でした。

(ハードル上がり過ぎた感は少しありました)

感染症対策のため座席間隔を広く取っており、1回の上映自体まぁまぁ時間がかかるので、そういった要因で待ち時間短縮は難しそうです。

強いて言うなら開園してすぐとか、あとは人が帰り出す夕方以降であれば待ち時間は減らすことができると思います。

子供たち2人は身長制限102cm未満のため乗ることができないので、妻と交代で乗る予定だったのですが、一方が子供の面倒を見る間それぞれで並ぶことになりました

他のアトラクションだとベビーカーでも直前まで一緒に並ぶことができるのですが、ソアリンはベビーカーで乗り入れできる構造になっていないので難しそうです。

なので小さいお子さんがいるご家庭でソアリンに乗りたい場合は要注意ですね。

・ソアリンに乗る場合は「スタンバイパス」の取得が必須!

・スタンバイパスがあっても待ち時間は30〜50分くらいは必要かも

・身長制限102cm未満の子供がいて、夫婦それぞれ一人ずつ交代で乗りたい場合でも、列の始めから並ぶ必要があるので要注意!

また、最近できた人気のアトラクションである美女と野獣ベイマックスはそれぞれ「エントリー受付」が必要で、1日に1回、希望する時間帯での抽選を行うことができます。

抽選なので当然「ハズレ」もあるのですが、人数を絞っているせいかどちらも「アタリ」でした。緊急事態宣言が出る前でも当選確率はそれほど低くはなかったみたいですね。

また今回は5,000人制限だったためか、ベイマックスはほぼ乗り放題でした

美女と野獣に比べると回転率も良いためかエントリー受付のチェックもしていませんでした。

最新のアトラクションが5分程度の待ち時間でほぼ乗り放題なんて、人数制限下でしかありえないですね。

シングルライダー(一人乗り)も恥ずかしくない!

周囲の目を気にしてしまう僕でも、シングルライダー余裕でした。

というのも感染症対策のため、アトラクションの座席間隔を前後左右空けているので、一人同士で隣に知らない人をあてがわれることもありません

僕も今までは隣によく知らない人をあてがわれるのが怖くて、シングルライダーはチャレンジしたことなかったんですよね〜。

そして並ぶときの待ち時間もほぼ無いので、サッと乗ってサッと楽しむだけで済みます。

お一人様ディズニーを楽しんでいらっしゃる方は元からいるとは思うのですが、待ち時間がやはり苦痛だと思うんですよね。

なので、今のこの人数制限下でのアトラクションをぜひ一度経験してみて欲しいです。マジで快適です。

小さい子供と一緒の場合でも、僕たち夫婦は交代で乗りたいアトラクションに乗りました。

レイジングスピリッツにシングルライダー初挑戦しましたが、めっちゃ最高でした!しかも一番前の座席(笑)

  • アトラクションの待ち時間は5分台連発!
  • ソアリンはスタンバイパスが必要!すぐに乗れるわけではない点にも注意!
  • 人数制限下ならシングルライダーでも乗り放題!家族と別行動もアリ

グリーティングも空いている!けど・・・

グリーティングに関しても通常よりは待ち時間が短かったのですが、乗り物よりもパレード・グリーティングはガチ勢が多く、乗り物のように5分台はなかなかありませんでした。

1組ずつなので回転率をそこまで上げられませんから、そういった部分も影響しているかもしれません。

特にミッキーとミニーはやはり人気で、30〜60分の待ち時間は必要でした。パレード中や閉場時間前などを利用すればそれほど待たずに済むかもしれません。

ランドであれば、ドナルドやデイジーのグリーティングが穴場で待ち時間も比較的短かったのですが、今は工事中のためか人数制限のためか分かりませんがグリーティングはやっていませんでした。

シーの方はミッキーミニーの他にダッフィーとシェリーメイもいますので、程よく人が分散されるためか20分ほどの待ち時間でした。(ミッキーミニーはランドと同様の待ち時間)

昼過ぎなどはダッフィーの待ち時間が10分くらいになっていることもありました。通常時のシーだったらまずありえない待ち時間です。

僕たち家族も一回はグリーティングしておきたかったので、シェリーメイちゃんと会ってきました。

モコモコでスゴイ可愛かったです。触れ合えなかったのが残念。モコモコを感じたかった・・・。

デメリット

グリーティングでの触れ合いはできない

シェリーメイ グリーティング
切ない距離感・・・

グリーティングといえば写真を撮るだけではなく、「触れ合い」も一つの楽しみですよね。

しかしながら、感染症対策のため触れ合いはNGです。すぐ横に並んで写真を撮ることすらできません。

写真の通り、足元のオレンジのラインを境にして写真を撮ることになります。ちょっぴり寂しいですよね・・・。

距離が空いている分、シェリーメイは全身を使って精一杯アピールをしてくれていました。ハグや密着して写真は撮れないですけど、元気はたくさんもらいました。

グリーティングはカメラマンもいない

グリーティングといえば熟練のカメラマンがいるのですが、こちらも感染症対策のため居ませんでした。

撮影用の小部屋にはキャラクターと誘導係のキャストさんが2名いらっしゃいました。

撮影はキャストさんが行ってくれるのですが、ちゃんとしたカメラはなく、こちらの手持ちの携帯かカメラで撮影してくれます。

以前だと10数枚写真を撮ってくれて、フォトキーカードをもらってから後で厳選して写真を保存(有料)していたのですが、今回は2枚だけスマホのカメラで撮ってもらいました。

ちなみにコロナ前のグリーティングだと

グリーティング ドナルド
コロナ前のグリーティング

こんな感じで触れ合いもできるし、写真は1眼レフでバンバン撮ってもらってました。

慣れている人だと、現在の距離を取った状態でも可愛い写真を撮ってもらうことができるかもしれませんが、半年に1回行く程度の僕らだとちょっと難しかったですね。

キャラクターメインで撮りたい人であれば現在の状況でもオススメできますね。そういうグリーティングの楽しみ方をしている人も多くいるようです。

  • グリーティングでの触れ合いはNG!撮影も距離を保って行われる
  • カメラマンがいないので、写真にこだわりたい人はカメラを持参しよう!

営業時間短縮

僕たちは営業時間10:00〜19:00の中でランドとシーを楽しみました。

小さい子供がいると正直閉園ギリギリまでいるのは体力的にも子供の機嫌的にも難しいので、個人的にはちょうど良かったかなと思いました。

ただギリギリまでディズニーを楽しみ尽くしたい人、エレクトリカルパレードやシーの花火を見ないとディズニーを締めくくれない人にとっては悲しいポイントかなと思います。

当然ですがディズニーホテルの特典である、開園の15分前に入場できる「ハッピー15エントリー」もナシです。

入場料が上がって、営業時間は短くなっているので、時間単価にすると結構損をしているような気にもなりますが、実際にはアトラクションの待ち時間がグッと短縮されているので

いつもよりも濃く楽しめると考えると良いかもしれませんね。

実際に17時くらいにはかなりヘトヘトになりました。ひょっとすると普段よりも多く乗り物に乗れたかもしれません。

お店も時短営業 or 閉まっている・・・

これが今回経験した中では割と不便に感じたところです。

従業員数を絞っているせいか、お店がほとんど開いてないんですよね・・・。ポップコーンの露店は体感半分以上閉まっているような感じでした。

僕が行った日は2日ともめちゃくちゃ暑いカンカン照りで、冷たいシュワシュワの飲み物を欲していたのですが、売ってそうなお店を見てもどこも閉まっている!

やっと見つけた〜!と思っても14時までの営業、時計を見ると14時10分!ええ〜(泣)

ご飯を食べるところはお昼時のみ営業になっているところが多かったですね。

暑い日は涼みに、雨の日は雨宿りにお店を利用したりするので、臨時閉店や時短営業はちょっと困りましたね〜。仕方のないことなんですが。

ディズニー 冷たい飲み物
果物とプチプチゼリーが楽しめるシュワシュワ ウッドチャックに売ってます

歩き回ってようやく手に入れた炭酸ドリンクは格別でした。妻と半分こで数秒で氷だけが残りました笑

グルメやお土産はディズニーの楽しみの一つでもあるので、気になるアイテムを取り逃がさないよう営業時間はよく調べておくことをオススメします。

  • 営業時間短縮!6/1以降は9:00〜20:00(予定、変更の可能性あり)
  • お店も時短営業や臨時閉店しているところも!

まとめ

人数制限下でのディズニー初体験でしたが、良い部分もたくさんある一方で、普段とは違って不便な部分もありました。

コロナの対策に関しては、これ以上の努力は難しいだろうなと思うくらいには対策されていたので、「安心して」とは言いづらいですが、こちらからも気をつけていれば大丈夫かなとは思いました。

それでは振り返りです。

良かったところ

・お昼時に混み具合を見てお店で迷う必要なし!どこでも入れちゃう

・人気のフォトスポットもガラガラ

・アトラクション乗り放題

残念に感じたところ

・グリーティングでの触れ合いはナシ!並んでの撮影もできない

・園自体の営業時間短縮+閉まっているお店も・・・

営業時間は短いですけれど、以前とは違ったディズニーランドの姿が見れるので、行って損はしないかなと思います。

この機会に初ディズニーチャレンジも全然アリかなと思います。空いていて自分の好きなように過ごせますからね。

もちろん屋外とはいえ感染リスクはゼロではありませんので、マスク着用はもちろんのこと、手洗いうがいはきっちりと行って、楽しく過ごせるといいですね!

また今回、エアリズムマスクを着用していましたが、それでもかなり暑く感じたので、これからは暑さ対策も必須だと思います。

マスク型の日焼けもなかなか萎えるので、日焼け止めをしっかり塗るか、日傘を持ち歩くといいかもしれません。

以上、5,000人制限下でのディズニーランド体験記でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA